四季の街、食の街、 まつりと雪のふるさと、 新庄について語ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうなる新庄市の財政!
 新年明けましておめでとうございます。遅れた新年のあいさつとなりました。昨年9月からほとんど休み無しの状態でした。常日頃感じていたことを市政に反映させています。今までは、外野の意見でしたが、今度は受ける立場なので、市民の目線を大切にします。今回、「タケシのTVタックル」に出ました。実質公債費比率30.1%ということで、「第二の夕張か」がテーマでした。しかし、新庄市は、新幹線の延伸やゴミ焼却場などの大型公共施設の借金で、しかも平成19.20年度が償還金のピークで、以後は次第に財政状況が良くなるということに、リポーターも質問しずらい状況でした。取材の思惑がずれてしまったということです。そこはマスコミ、いかにも困っている状況を出さざるを得ない番組となりました。新庄市の財政は大丈夫です。
380億あった借金も、この5年間で320億まで減らしています。今後も計画的な償還を進め、一層柔軟な財政状況を作り、人行きかうまち、人ふれあうまち、人学びあえるまちを目指します。
スポンサーサイト
新庄まつりが終って
 新庄祭りが終って、急に涼しくなりました。雨が続いたので、一気に空気も大地も冷えたのだと思います。風邪など召さぬようお気をつけ下さい。
 今月は、5日に市長の市民葬が文化会館であり、23日告示の、30日投票で市長選挙が行われます。前回私が立候補したということもあり、マスコミ等で私の去就が注目されるといった記事にもなりました。記者の質問に、「私は、市民のひとりとして、5日の葬儀までは喪に服しているので、私の態度についてはその後表明する」というやりとなりました。
 新庄祭り 三日間晴天に恵まれ、良いお祭りとなりました。でも、なんとなく観客が少ないような気がするという市民の声もありました。丁度同時期に、村山の徳内まつりと大曲の花火大会が重なり影響したのではないかという声も聞かれました。NHK朝のニュースで、新庄まつりの人出20万人が見込まれるという報道があり、終ってみれば、村山は28万人で昨年より4万人増、大曲は75万人などという景気の良い話しなど聞くとちょっとさみしいです。町内若連が一丸となって制作した山車をもっと多くの人に見てもらいたいものです。それには、見せる側の気持ちと、見る側の気持ち双方の意見も聞いてみる必要があるかも知れません。徳内まつりは、参加者に配慮し、これまでの22,23日を中心にした土日を利用することにしたとありました。これも一つの策だと思います。お陰で4万人も増えるとなれば実行委員会も我が意を得たりという心境でしょう。
 250年の伝統に胡坐をかくことなく時代の流れを感じ取り、変えてはならないもの、変え無ければならないことなど、毎年実行委員会で話し合っているのでしょうが、ぜひ多くの人に新庄に来て貰いたいものです。
暑い夏の終わり
 昨日の高校野球の決勝凄かったですね。7回まで完全に抑えられていて、8回の大逆転劇、しかも満塁ホームラン。本人も今大会3本目のホームランが決勝打で、その場面に回ってくるというめぐり合わせが不思議なものです。甲子園にきて強くなったという評ですが、きっちりとした基礎があるから、一戦一戦築きあげたものだと思います。公立高校の優勝も、特待問題のあった年に成し遂げたのも不思議ですね。選手を集めるのでなく、育てるという発送の転換も必要とのコメントが毎日新聞に載っていました。
 いよいよ明日から新庄まつりです。約40万人の人が訪れる、山形を代表する祭りです。24日は、宵祭りで夜祭のライトアップされた山車は圧巻です。何よりもお天気がよければと思います。26日の夜風はなんとなく秋風を感じるのも夏の終わりを告げ、収穫を祈る新庄祭りならではの趣でしょう。
 チェレンコヤッサー 
新庄まつり
ようやく暑さも和らいできましたが、記録的な暑さでしたね。とうとう山形の40.8度の記録が破られ、岐阜の多治見市と埼玉の熊谷市が日本一暑いまちになりました。そんな中、甲子園ではさらに暑い熱戦が繰り広げられ、球児たちが必死に白球を追う姿が我々に感動を与えてくれています。今日広島広陵と佐賀北の決勝、どちらが勝っても初優勝。悔いの無い試合をして貰いたいものです。
 新庄はまもなく新庄まつり(24日、26日、26日)一色になります。新庄出身の人たちもこの祭に合わせて帰省する人も多いようです。特に今回は金土日にあたるので来客も多く予想されます。我が家も家族が4倍ぐらいになりそうです。ふるさとの祭りがあることは幸せなことです。それを守り支える山車を出す町内、若連に敬意を表します。
ご冥福をお祈り申し上げます
夏の甲子園、暑い中熱戦が続いています。山形県代表日大山形、春選抜優勝の常葉菊川高校(静岡)に初戦で敗れました。選手の皆さんご苦労さまでした。
 元プロ野球選手から新庄市長になられた高橋榮一郎氏が、9日未明にお亡くなりになられました。8月4日の北高同窓会のときかなり疲れていた様子なので心配していました。自宅にお参りに行きましたら、奥様が、7月の区長ブロック会議や8月上旬の出張で疲れが出てきていたとのこと。最後は眠るようだったとのことでした。息子さんがお顔を見ていってくれというので拝ませていただきました。まさしく眠るがごとくで大変お疲れ様でしたというのが精いっぱいでした。プロ野球からの転進ということで地元に夢と希望を与えていただき感謝申し上げます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。